三菱UFJ銀行リップル社技術を利用する

三菱UFJ銀行リップル社技術を利用する

こんにちは!坂本よしたかです。
三菱UFJ銀行とその子会社はブラジルのサンパウロに拠点を置く銀行と協力し、国際送金システムの開発を行うことを発表しました。
リップル社の先端技術を利用して高速性と透明性、また追跡性に優れた国際送金を実現することを目的としています。
ある仮想通貨の情報メディアでもこの件が報じられており、その内容を参考にして以下にまとめます。

三菱UFJ銀行と子会社が国際送金システムの開発に関する覚書締結を公表したのは、2018年11月9日のことです。
リップル社の先端技術を用いて開発することが説明され、注目した投資家もいたのではないでしょうか。

ちなみに三菱UFJ銀行は2017年3月より、リップル社と多数の銀行で構成されるアドバイザリーグループに加入しています。
今回協力関係に結ぶブラジルの銀行も、2018年11月よりリップル社のネットワークに加入しています。
両者が協力を目的として覚書を締結したのは2017年9月のことで、送金システムの共同研究を開始したという経緯があるのです。

この件に関してはリップル社もコメントを出しており、SNSの公式アカウント上で説明を行っています。
アジア市場の担当者もコメントを出しており、日本とブラジル間は歴史的にも重要な回廊と評価しています。
ブラジルは日本人が最も移住を果たした地であり、現在150万人の日系ブラジル人が暮らしていることが理由です。

法務省の統計局は、在留外国人統計に関するデータを明かしています。
そのデータによると2017年12月末時点で、ブラジル人の在留数が国籍別で5位だったのです。
人数は193,798人と言われており、上記で紹介した仮想通貨の情報メディアによると増加傾向とのことです。
それだけの在留数が存在することには、送金システム需要の高さが期待できるかもしれません。

現在リップル社は、200以上のクライアントと提携を進めていると言われています。
リップル社のネットワークを採用する企業、また提携企業の数も増え続けているようです。
日本国内の銀行も多数参加わっており、国際送金システムが実生活の中で馴染み深いものになる日も近いかもしれません。

三菱UFJ銀行が関わる新しい国際送金システムが開発後に普及すれば、日本とブラジル間で行われるビジネスは盛んになるでしょう。
国際送金システムが評価されて日本と他の国々を結ぶパイプ役となれば、投資家たちの夢も今以上に大きくなるかもしれません。

坂本よしたかカテゴリの最新記事