大手海外取引所BITTREXのメリットデメリット

大手海外取引所BITTREXのメリットデメリット

こんにちは!坂本よしたかです。

仮想通貨の取引をしていると、国内の取引所だけでは物足りなくなってきます。
その理由は個人によって異なってきますが、ある程度なれてくると、海外の取引所を使うのも視野に入れた方がいいでしょう。
そこで紹介したいのが、Bittrexになります。

Bittrexは世界で最も有名な取引所の1つです。
設立されたのは2013年で、アメリカに本拠地を置いています。
その特徴は、とにかく取扱する通貨が多い点でしょう。
日本国内の取引所では、どこを使ってもさほど取扱通貨に変わりはありません。
しかし、Bittrexでは様々な仮想通貨の取扱があるので、投資の選択肢を一気に増やせるのです。
2018年の8月時点でも200種類以上もの取扱があります。
同年の3月には、開発は継続しているとアナウンスがあっても、実際にはプロジェクトの進行がないような仮想通貨80種類の、取扱が廃止されました。
それでもこの数の取扱数があるのが、Bittrex最大の特徴でしょう。

Bittrexを利用するメリットは、アルトコインへの投資です。
先にもお伝えしたように、Bittrexは仮想通貨の取扱数がとにかく多くなっています。
特に時価総額が10億円以下のものが多いのが特徴でしょう。
今後、伸びていくと予想されるアルトコインも少なくありません。
そのため、文字通りの意味で先物買いができるのです。
一気に価値が跳ね上がる可能性もあり、保有しておけば資産の拡大のチャンスかもしれません。
またICOによって発表されたばかりのアルトコインが、すぐに上場するのもポイントでしょう。
成長が望める仮想通貨の取引に、いち早く参加できるのは、かなりのメリットだと言えます。
他にもBittrexは、サポートが充実しているのも魅力です。
一般的な取引所では、サポートに質問をしても1週間程度返事がないケースも、珍しくありません。
しかし、Bittrexは返信が早いだけではなく、丁寧な対応をしてくれると評判です。

反対にBittrexのデメリットは、日本語対応していない点です。
ただ基本的な操作は、他の取引所と変わりません。
また使われている英語も難しいものではないので、一般的な知識があれば問題なく取引できるでしょう。
もう1つ、日本円が入金できないのもデメリットです。
Bittrexで取引をするには、日本円が入金できる取引所を使って仮想通貨を購入し、それを送金しなくてはいけません。
海外の取引所全般に言えるものですが、やはり一手間かかるので緊急時には対応が遅れてしまう可能性があります。
他にもBittrexはレバレッジ取引ができないというのも、デメリットになるでしょう。
少額の資金で、大きな取引をしたい人に向いていません。

Bittrexのメリットは、取扱通貨が多いことです。
特にアルトコインの取扱には定評があるので、国内の取引所にない仮想通貨に投資をしたいなら、お勧めできます。
反面で日本語に対応していない、日本円が入金できないデメリットもあるので覚えておきましょう。

坂本よしたかのメルマガ登録へ!
[su_button url=”https://canyon-ex.jp/fx2026/6MNJ8p” style=”glass” background=”#2da1ef” size=”8″]仮想通貨最新情報を集める[/su_button]

坂本よしたかカテゴリの最新記事