坂本よしたか【ノアコインの今後について】

坂本よしたか【ノアコインの今後について】

坂本よしたかです。現在、様々な意味で注目を集めるのがノアコインです。
良くも悪くも注目がなされているのは、主にネガティブな意味での部分が多いのも特徴でしょう。
そこでノアコインの今後はどうなるのかについて調べてみました。

そもそもノアコインとは、どのようなコインなのでしょうか。
2017年にノア・ファウンデーションという会社によってプロデュースされた、仮想通貨になります。
その目的はフィリピンの社会問題を解決すること、経済成長を支援することの2つです。
どちらも一見すると良い目標に見えるのですが、実際には国際送金に関わることで手数料や時間を短縮できる、フィリピンのリゾート開発などを具体的な目的としています。
ただ国際送金にかかる手数料や時間の短縮は仮想通貨が作られた目的でもあり、ノアコインである必要がありません。
他の仮想通貨にない特徴があるのならまだしも、ホワイトペーパーでもその点は触れられていないのです。
そのためノアコインをわざわざ利用するまでもなく、既存の信頼性の高いものを使う方が効率的だと言えます。
またリゾート開発に関しても、ノアコインで集められる資金だけでは不足することが指摘されています。

さらにノアコインは、1期プレセールでフィリピンの政財界とのつながりがあることをアピールしました。
目的からすればつながりがなければ実現が不可能なものですが、大使館に問い合わせが殺到したことから確認が行われました。
その結果、フィリピン政府とは無関係であることがわかったのです。
またこの時にノア・ファウンデーションの所在地も調べられたのですが、登録されている場所には会社がありませんでした。
この結果をもって詐欺と断じてしまうのは早計かもしれませんが、その可能性はかなり高いと言えるでしょう。
ちなみにノアコインには日本人の泉忠司氏がプロジェクトメンバーとして名を連ねています。
この泉氏もまた怪しい人物ではないのかと噂されているのです。
一時期問題になった情報商材で様々な取引を行っていたことから、怪しいのではという話になっています。

現時点でノアコインは、イギリスの取引所に上場しています。
ただ決済システムの問題で日本人は取引ができないので、直接ノアコインを購入することはできません。
他にもチェコにある取引所にも上場しているそうですが、わざわざ利用する価値はないでしょう。
ここまでの情報を見ての通り、ノアコインを詐欺とするのは早計かもしれませんが、可能性としては高いです。
そのため将来性という意味ではお勧めしたくない仮想通貨の1つになります。

ノアコインの今後についてまとめてみました。
公開直後から詐欺だという話がでましたが、それを明確に否定できるだけの材料がないというのも事実です。
詳細は判明していませんが、投資の対象とするのは避けておく方が良いかもしれません。
ただネガティブな情報がブラフである可能性もあるので、個々の判断で投資をしましょう。

ノアコインの詳細情報を知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録へ。

坂本よしたかカテゴリの最新記事