坂本よしたか【イーサリアムからの分裂】

坂本よしたか【イーサリアムからの分裂】

The DAO事件をきっかけにイーサリアムから分裂したのが、イーサリアムクラシック誕生の経緯です。セキュリティや安全性が徹底されていることが特徴の一つですが、今後はこの特性を生かした成長への期待が高まっています。

TEH DAOトークン発行時に起こったハッキング事件で、イーサリアムは大きく価格を下げました。イーサリアムのバグではないものの問題を解決するために分裂し、新たなブロックチェーンが作られました。この際に誕生したのがイーサリアムクラシックで、基本的な性能についてはイーサリアムとほぼ同じです。

ブロックチェーン上に、取引内容を記載できるスマートコントラクトなどの機能は引き継いでいます。そのため一部では違いがわからない、しょせんイーサリアムの付随コインと見る人も少なくありません。ただし非中央集権型システムを支持する投資家からは、人気の通貨であることも確かです。

2018年3月にハードフォークが行われた際には一時的に価格が上昇したものの、その後は一気に下落しています。しかし下落については、仮想通貨市場全体が値を下げていることも影響しているかもしれません。その証拠に下落後は再び価格が安定し、ハードフォークが噂されていた頃のような急騰も暴落も起こっていません。イーサリアムよりも技術的に劣ると言われる開発陣ですが、別の分野での普及を目指すことで競合を避ける動きもあります。セキュリティの強さがIoTに生かせれば、一気に普及が進むと期待する投資家も少なくありません。

今後価格が大きく変動しそうなイベントには、Emerald Project & Emerald SDKのリリースがあります。プラットフォームの性能を向上させるために開発されているもので、実装されれば価格上昇も確実でしょう。SDKの配布によって開発が容易になれば質の向上も見込め、実用性を高めるための足掛かりともなります。技術力不足がささやかれながらも、開発が順調に進んでいる点でイーサリアムクラシックを評価する人も多くいます。これまでに公表されているプロジェクトに大幅な遅れなどがないことは、将来性の高さにも繋がると言えそうです。

イーサリアムクラシックが価値を上げるには、イーサリアムとの違いをどのように打ち出していくかが重要なポイントとなります。実用性の高い技術が実装されていることは確かで、それをどの分野で生かしていくかについては情報収集が必要です。

イーサリアムクラシックについてもっと知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録

坂本よしたかカテゴリの最新記事