坂本よしたか【ビットコインの今後どうなる?】

坂本よしたか【ビットコインの今後どうなる?】

最も有名な仮想通貨がビットコインです。
このビットコインですが値段が急騰したり、急落したなどでニュースを賑わせています。
そんなビットコインには特に20代や30代の若年層が興味を持っているそうですが、今後はどうなるのでしょうか。

ビットコインへ投資をしたいと考える人は増えつつあります。
公開されてからビットコインはその価値を下げることもありましたが、基本的には右肩上がりに上昇しているのも事実です。
参入者が多くなったことでより需要が高まっているのでしょうが、今後はどうなっていくのでしょうか。
そのポイントの1つとなるのが半減期にあると言われています。
ビットコインでは処理を手伝うマイニングによって、報酬を受け取ることができます。
このマイニングを専門に行う業者もいるほどなのですが、ビットコインそのものの発行枚数の上限も決まっているのです。
半減期とはマイニングによる報酬が半減する期間のことで、よりビットコインの希少性が上がるとされます。
マイニングのメリットが減少することで、参加者を減らす意味があるだけではなく、発行枚数が絞られるので価値が薄まらないと考えられるのです。

またウェブボットの予想では、2018年末まではビットコインの価格が10万ドルを突破するといったものがあります。
ウェブボットとは情報収集プログラムのことで、元は株価の動きを予測するために作られました。
開発をしたのは元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏で、実際に仮想通貨の値動きやニュースなどを的中させた実績があります。
仕組みとしてはSNSなどの情報を集め、そこに書き込まれた言葉から感情を読み取って客観的な分析をするというものです。このウェブボットの予想を信じすぎるのは良くありませんが、ビットコインには好材料も多いということになるでしょう。

反面でビットコインは最初に作られた仮想通貨だけに、技術的な部分で問題が起こっていたりもします。
そうしたビットコインの欠点となる部分を解消した仮想通貨も流通していて、そちらの評価が上がってきているのも事実です。
現時点ではビットコインの一人勝ちという印象が強い仮想通貨業界ですが、有望なアルトコインがでてくることで三つ巴になる可能性も少なくありません。ただし現状では、すぐにビットコインに追いつくのはよほどのビッグニュースがなければ無理でしょう。
そのためしばらくは、ビットコインが安定した高値をつけるのではと推測する人が多いのです。

ビットコインの今後はどうなるのかですが、基本的に大きな動きはないと考える人が主流です。
価格が上昇するための好材料もありますので、しばらくは安定しているとみて良いでしょう。

坂本よしたかカテゴリの最新記事