坂本よしたか有望視!日本人大好きリップル

坂本よしたか有望視!日本人大好きリップル

坂本よしたかです。

リップルは仮想通貨の時価総額ランキングで、常に上位にランクインする有望なコインです。
しかし一時に比べると価格が大きく下落していることは確かで、今後どのように変動するかが注目を集めています。

2017年は仮想通貨バブルとも言われた年であり、何を買っても儲かると思っていた人も少なくありません。
実際1年間で数十倍にも価値を上げた通貨があり、これによって仮想通貨が広く知られるきっかけにもなりました。
しかし2018年に入ってからは急騰と大暴落を経験し、その後は大幅に下落した価格で推移しています。
ただ本当に使える実用性の高い通貨だけが残る状況になった、そのうちの一つがリップルだという見方をする専門家もいます。
これはリップルの持つ、国際送金における大幅なコスト削減が可能という特性によるものでしょう。

元々リップルは、ブロックチェーンを用いた国際送金システムとして誕生しました。
仮想通貨と呼ばれてはいるものの、実際にはサービスを利用する際に使われるトークンです。
世界各国の金融機関や企業との提携を発表していることからもわかる通り、利用する機会は今後もますます広がるでしょう。
また外国為替と、内国為替を一元的に扱える決済プラットフォームの構築プロジェクトも立ち上げています。
リップルでは、送金システムの実用化に向けたテストなども精力的に行っています。
こうした動きを見せる仮想通貨が他にないことを考えると、独自性、実用性ともに優位に立っていることは間違いなさそうです。

リップルの今後については、専門家の間でも大きく見解が分かれています。
ビットコインを超える通貨になるという意見もある一方で、個人投資家にとってリスクの高い投資だとする意見もあります。
ただし、金融インフラの一部として普及すれば時価総額を大きく上げることは確かでしょう。
価格を上げる要因となる流動性が高まるかどうかが、今後の焦点となりそうです。
公式からも世界有数の企業との提携や、新プロジェクトの情報が続々と公開されており、それが市場価格にも反映されています。
最新の情報を見逃さず売買のタイミングを計ることが、リップルへの投資を成功させる秘訣と言えそうです。

リップルが国際送金システムに大きな影響を与えることは間違いなく、それが価格の変動に繋がることも確実です。
現在の価格は正当に評価されていないという意見もあるため、購入を検討するのであれば上昇前の今が絶好の機会かもしれません。

もっと詳細情報を知りたい方は坂本よしたかのメルマガにご登録ください。

坂本よしたかカテゴリの最新記事