今流行りのビットコインって何?メリット・デメリットとは

今流行りのビットコインって何?メリット・デメリットとは

こんにちは!坂本よしたかです!

仮想通貨の『ビットコイン』を言葉だけなら知っている人も多いかと思います。
最近ではビットコインや仮想通貨といった単語をテレビでも耳にするようになり、かなり知名度が上がりました。

ですがビットコインという名前を知っているだけで、具体的にどんなものなのか、どんなメリット・デメリットがあるのかを知らない人は多いと思います。

今回はビットコインについて書いていこうと思います。

【ビットコインは決済システム】
ビットコインというと名前の通り、通貨という認識を持っている人は多いと思います。

今現在ビットコインが使えるお店は少ないですが、現金のようにビットコインを使用することで商品を買ったり、サービスを受けることができます。
そのため、通貨という認識を持ってしまうのも無理はありません。

しかし、ビットコインは厳密にいうと決済システムであって、ビットコインというコインが存在しているわけではありません。

ビットコインはただのデータであり、誰が誰にビットコインをどのくらい支払ったのかをデータとして記録していく決済システムなんです。

【ビットコインってなにがすごいの?メリットは?】
・手軽さと利便性
銀行の振込であれば、キャッシュカードか通帳を持ってATMへ行かないといけません。

しかしビットコインの場合は、どこにいてもネットにつながっていれば、スマホひとつで地球の裏側にいる人にだってすぐに送金を完了させることができます。

また、銀行の場合は平日は15時を過ぎてしまったり、土日に振り込みをしてもその日に相手の口座に入金することはできません。

しかし、ビットコインの場合は24時間365日システムが機能していますから、いつでも送金することが可能です。

この手軽さと利便性はビットコインを含めた仮想通貨の一番のメリットです。

・将来性がある
ビットコインのこの仕組みは革命的です。

ビットコインが全世界に完全普及すれば各国の通貨はなくなり、キャッシュレス化されるでしょう。

今の段階では保有している人も少なく、市場規模もまだまだ小さいですが徐々に浸透してきていますし、世界の国や会社が関与し始めていますから将来性が大いにあると考えられます。

国や会社が関わろうとするんですから、将来性があると見て間違いないですよね。

【ビットコインはやっぱ危ないの?デメリットは?】
・価格の変動が激しい
ビットコインは危ないと思っている人は多いでしょう。

確かにビットコインはまだまだ成長途中であるため、株やFX以上に暴騰することもあれば、暴落することもあります。

・きちんと保管していないと盗まれる危険性がある
保有しているビットコインが盗まれたり、ビットコインのシステム自体が壊れてしまう可能性も0とは言えません。

有名なマウントゴックスの事件や、最近ではCoincheckのNEM流出事件など保有している通貨が盗まれている事件も実際にあります。

・最近は送金が遅く、手数料も高い
ビットコインは元々は送金も早く手数料も銀行に比べてはるかに安いのですが、利用者が急増したために送金に時間がかかってしまい、それに伴い手数料が高くなってしまっています。

早く送金を完了させるためには手数料を上げる必要があります。

手数料をあまりに低く設定してしまうと着金するのに数日かかってしまう、ということもあるようなので注意が必要です。

【まとめ】
ビットコインは実際に現物が存在するわけではなく、ただのデータであり、誰が誰にビットコインをどのくらい支払ったのかをデータとして記録していく決済システムです。

ビットコインのメリットとしては
・手軽さと利便性
・将来性がある

ビットコインのデメリットとしては
・価格の変動が激しい
・きちんと保管していないと盗まれる危険性がある
・最近では送金が遅く、手数料も高い

が挙げられます。

いずれにしてもビットコインが世界中で使われるようになれば、価値が上がることは間違いないでしょう。

今後のビットコインの将来に注目です。

もっと仮想通貨の情報を知りたい方は下記から、「坂本よしたか」メルマガに登録ください。
↓↓↓
最新情報を受け取る

坂本よしたかカテゴリの最新記事