ビットコインを動かす仕組みであるブロックチェーンとは?

ビットコインを動かす仕組みであるブロックチェーンとは?

こんにちは!坂本よしたかです。
今日でビットコインを動かす仕組みを理解しましょう!

【ビットコインを動かす仕組みとは】
ビットコインと共によく耳にする『ブロックチェーン』。

ビットコインというシステムを動かす仕組みのひとつであるわけですが、「ビットコインは何となくわかっていても、ブロックチェーンは何のことかさっぱり」という人も少なくないのではないでしょうか。

ビットコインを理解するうえでブロックチェーンを理解することが必要不可欠です。
なぜなら、ビットコインはブロックチェーンによってシステムとして動くことができるからです。

【ブロックチェーンって?】
ブロックチェーンとは分散型台帳技術とも呼ばれており、ブロックチェーンを使用することによって
・不正ができない
・中央管理がいらない
・コスパが良い
などのメリットがあります。

通常の振込であれば銀行という中央管理者がいて取引を記録していくわけですが、ブロックチェーンでは中央管理者がいません。

各自の取引のデータをマイナーと呼ばれる人たちが処理することによってブロックに保存し、さらに各ブロックを繋げて保存していきます。

また、このブロックは10分ごとに一つ作成されていき、取引はだいたい2000前後がデータで保存されています。

ブロックチェーンによって中央管理が不要だったり、不正が行えないのはP2Pネットワークとプルーフオブワークという2つのシステムが働いているためです。

///////P2Pネットワーク////////
P2Pネットワークは、個人のPCやスマホなどの各端末がサーバーとなり通信を行うネットワークのことです。

パソコンやネットにあまり詳しくない人はチンプンカンプンかもしれませんが、大したことはありません。

例えば通販サイトや動画サイトを閲覧するためには、インターネットを介してそのサイトのサーバーにアクセスすることでサイトを見ることができます。

しかし、そのサーバーにアクセスが集中したり攻撃されたりすると、サーバーがダウンしてサイトを閲覧できなくなってしまいます。

しかし、P2Pネットワークでは各自の端末がサーバーとなり、互いに接続されているため閲覧できなくなるということはありません。

Aさんのスマホが故障しても、BさんやCさんその他大勢のスマホやPCが繋がっているため、まったく問題ありません。
全ての端末が壊れない限りP2Pネットワークは途切れることはないんです。

また、全ての取引の履歴がネットワークでつながっているすべての端末で共有されているため、不正することはまず不可能です。

このネットワークによって中央管理されず、個々の端末同士で通信することができるわけです。

//////プルーフオブワーク(Proof of Work)//////
プルーフオブワークは日本語にすると『仕事の証明』になります。

AさんがBさんにビットコインを送ろうとします。
その際に、第三者であるXさん、Yさん、Zさんその他大勢がこの取引が正しいのかを計算します。
これがプルーフオブワークのワーク、つまり仕事に当たります。

そして、その計算を最も速く解いた人がその取引を承認することができ、正しい取引であると証明されることによって、AさんBさんの取引が完了します。

このワークを行い、承認する人たちはただ単にボランティアで行っているのではなく、ワークを行い承認することによって、報酬をもらうことができるため行っているのです。

このワークによって報酬を得ることを『マイニング』と言い、それを行う人たちを『マイナー』と言います。

このプルーフオブワークによって中央の管理なしで取引を行い、不正な取引を防ぐことが出いているわけです。

【ブロックチェーンはビットコインの基盤】
ビットコインはブロックチェーンによって機能することができているため、ビットコインを知るうえでブロックチェーンの理解は必須です。

ブロックチェーンは個々の端末同士で通信を行い、中央管理を必要としないネットワークであるP2Pネットワークと、プルーフオブワークによって取引する際に他者が承認をすることによって中央管理なしで各取引を成立させることができます。

この2つのシステムによって、ブロックチェーンは中央管理なしで動き、不正を防ぐことができます。

ブロックチェーンはビットコインを機能させる基盤のシステムであるわけです。

もっと仮想通貨の情報を知りたい方は下記から、「坂本よしたか」メルマガに登録ください。
↓↓↓
最新情報を受け取る

坂本よしたかカテゴリの最新記事