アルトコインの代表格『イーサリアム』とは?

アルトコインの代表格『イーサリアム』とは?

こんにちは!坂本よしたかです。

本日はイーサリアムについてご説明いたします。
イーサリアム(Ethereum)という仮想通貨をご存知でしょうか?

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びますが、数千種類あるアルトコインの中で代表的なコインのひとつがイーサリアムです。

中央管理者がいないという点ではビットコインと同じですが、ビットコインでできることは決済のみです。

しかし、イーサリアムはブロックチェーンを利用して決済に加え、アプリケーションを作るためのプラットフォームであり、管理者がいないので誰でもサービスやアプリケーションを勝手に作ることができます。

・イーサリアムのブロックチェーン
ブロックチェーンについてはこの記事で書いていますので、ブロックチェーンが何なのかわからないという方は読んでみでください。

ビットコインのブロックには取引の履歴だけが書き込まれていきますが、イーサリアムのブロックには取引の履歴に加え、空白の部分があり書き込みができるようになっています。

この空白の部分にプログラミング言語を書き込むことで、サービスやアプリケーションを作成することができるんです。

しかし、逆にこの空白の部分がイーサリアムの脆弱な部分でもあり、攻撃を受けることもしばしばあるようです。

・スマートコントラクト
イーサリアムといえば「スマートコントラクト」という言葉が必ず出てきます。

スマートコントラクトとは日本語で「賢い契約」という意味です。

例えばAさんがBさんから100円借りたとします。
その時Aさんは「今度返すわー!」と言い、Bさんはそれを信用し了承します。

しかし、もしかしたら100円を返してもらえないかもしれません。
これは単なる口約束ですし、契約書があるわけじゃありませんから踏み倒されてしまうかもしれないですよね。

しかし、スマートコントラクトであれば「AさんがBさんから100円を借りた」という取引がブロックチェーンに書き込まれます。

ブロックチェーンは不正ができないようになっていますから、もしAさんが「そんなの知らない」と言い逃れしようとしても、ブロックチェーンに書き込まれているため、ごまかすことができません。

このようにブロックチェーンによって第三者が介入しなくても、契約や債務の履行を勝手に行ってくれるこの仕組みをスマートコントラクトというわけです。

・どこで購入できるのか
イーサリアムを取り扱っている販売所や取引所であれば購入することができます。

日本の取引所でイーサリアムを取り扱っているのはbitFlyer、Zaif、GMOコインDMMBitcoinなど11の取引所で購入することができます。

イーサリアムを含め、仮想通貨のすべては価格の変動がありますから、儲かる可能性もあれば損する可能性もありますから、注意しましょう。

・まとめ
イーサリアムはブロックチェーンにより決済ができるほか、サービスやアプリを誰でも開発づることができるプラットフォームであり、第三者の介入なしに契約を成立させることができるスマートコントラクトというシステムも採用されています。

イーサリアムはビットコイン以上のシステムが備わっていますから、今後の将来性に期待ですね。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

坂本よしたかカテゴリの最新記事